2018年12月7日金曜日

[CFP] RoboCupJunior JapanOpen2019 Wakayama


RoboCupJunior JapanOpen2019 Wakayama

Call for Participation

We are happy to announce that now we open the application from the world to join JapanOpen2019 Wakayama. This year, the venue is at Wakayama prefecture, near from Osaka. Here is same place as 2018. Very beautiful area and near by sea. Also very close to Mie, Osaka, Kyoto so can easy to arrange reasonable travel schedule to enjoy sight seeing and shopping during stay together with enjoying RoboCup in Japan.

Please follow the instruction to submit your application. We all are looking forward to meet many foreign teams in Japan this March. Sorry for short notice.

 

Schedule:

1st day Only registration, not able to enter the venue nor to setup in the paddock.
2nd day Opening ceremony, 1st game day
3ed day 2nd game day, Closing ceremony

 

Venue:

Wakayama Big Whale
2 Chome-1-1 Tebira, Wakayama-shi, Wakayama-ken 640-8319 
See map

 

Accommodation, Sightseeing:

See this site

 

 Team condition:

  • Member should be between 2 to 5 for all leagues.
  • All leagues follow basically 2018 International rule. 
  • A3 size (or less) poster presentation should be prepared by teams.

 

Leagues:

You can apply following leagues. We have few special lots for foreign teams.
  • Soccer Lightweight
  • Soccer Open
  • Rescue Line
  • Rescue Maze
  • Rescue Simulation
  • OnStage
* All leagues have no age group

 

Other details of the competition:

See this site (in Japanese) [under construction]

 

 Application procedure:

  1. Please fill in below forms.
    Registration Form
    Visa Application Form *only if you need
  2.  Send documents to international[AT]robocupjunior.jp* [AT] = @
  3. Pay registration fee by bank transfer. Below you can see the bank account info.
    Bank Account Info
  4. We will announce the results to submitted teams on 6th March.
Dead line of submission: coming soon
Dead line of payment: coming soon
* If you need VISA, please let us know till 28th Feb. and hopefully finish bank transfer till 2nd March.

Contact:
Tairo Nomura, regional rep. of Japan
tairo_nomura[AT]mac.com
* [AT] = @

International division of RoboCupJunior Japan
international[AT]robocupjunior.jp

2018年11月4日日曜日

2018モントリオール世界大会の日本チーム大会結果について

ロボカップ2018モントリオール世界大会にはこちらの13チームが参加し,各チームが力を出し切って活躍をしました。以下,日本チーム成績を報告いたします。大会の公式結果はこちらからご覧ください。

=> 入賞
-> その他成績

Soccer Open
Cat bot
=> Individual Team 2nd place

CIAO Tezukayama
=> Superteam 1st place
=> Best Innovation

Soccer Lightweight
Re-on-nano
=> Individual Team 2nd place
=> Best Individual Game Performance

Tzk Bamboo Energy
-> Individual Team 6th place

OnStage Advanced
Try!angle
=> Individual Team 1st place
=> Best Technical Demonstration

Rescue Line
KANADE
=> Best Software Programming Award
-> Individual Team 5th place
-> KANADE(Japan)/RBC MT2(Thailand) : Superteam 8th place

Rescue Maze
Saver&Lock on
=>Best Rescue Kit Dispenser
-> Individual Team 7th place
-> Saver&Lock on(Japan)/(France) : Superteam 9th place

Rescue Simulation
True Berry Tea
=> Best Strategy Award
-> Individual Team 8th place

Rapislazli
-> Individual Team 7th place

2018年5月20日日曜日

2018モントリオール世界大会への日本からの推薦チームが決定しました

3月30日〜4月1日に和歌山県和歌山市で開催されたロボカップジュニアジャパンオープンでの結果にもとづき,末尾の通り13チームを,6月17日〜21日,カナダモントリオールにて開催されるロボカップ2018モントリオール世界大会へ日本から推薦し参加するチームとして決定しました。

3月末のジャパンオープンではどのチームも素晴らしい活躍と成績でした。日本で開催される今年の世界大会では,1つでも多くのチームに世界大会で活躍をしていただきたいと願っているところですが,一方で世界大会に参加する国や地域は30カ国に迫る勢いで,世界においてロボカップジュニアの活動が確実に広がっていることの証でもあります。

決定したチームのみなさんは,今年度は,各リーグの代表として世界大会に参加していただくことになります。ただ,みなさんには日本代表という意識ではなく,1人1人にとっての学びの機会と捉えていただき,気負うことなく,実際に1人1人が未知のことにチャレンジし,よい学びの経験を積み重ねてきていただきたいと願っています。今回は,世界大会の様子を国内の多くの方に実際に知ってもらえるよい機会です。みなさんには,大会期間中は,国内の仲間に声をかけ,会場に集い,一緒にその経験を分かち合っていただくことで,国内のロボカップジュニアの活動をレベルアップしていただけるよう,ご協力をお願いいたします。

また,ジャパンオープンに参加した全てのチームのみなさんも,ぜひ,今後も各々のチームにおいて新しい目標を見つけて取り組んでいっていただきたいと思います。

ロボカップ2018モントリオール大会 日本より推薦する参加チーム一覧(2018.5.18現在)
◇…追加推薦チーム
Soccer Light Weight Ri-one-Nano京滋奈ブロック
Soccer Open Cat-Bot北信越ブロック
Rescue LineKANADE関西ブロック
Rescue MazeIchijo Tech Oriented埼玉ブロック
Rescue Simulation(CoSpace)True Berry Tea関西ブロック
OnStage PreliminaryGirls Art Project石川ブロック
OnStage AdvancedTry ! angle北海道ブロック
◇Soccer Light Weight Tzk Bamboo Energy京滋奈ブロック
◇Soccer Light Weight SKY Crew関東ブロック
◇Soccer Open CIAO Tezukayama京滋奈ブロック
◇Rescue MazeSaver&Lock on関西ブロック
◇Rescue Simulation(CoSpace)Lapis Lazuli阪神ブロック
◇OnStage AdvancedBernoulli関東ブロック

[CFP] WEROB2018 ロボット教育ワークショップ発表者募集のご案内

ロボカップは,ロボット研究者はもちろん,工学教育,小中高校生の科学技術教育,STEM教育の研究者,実践者の研究活動でもあります。毎年,ロボカップ世界大会では,ロボット教育(Robotics in Education)に関するワークショップを,ロボット研究者の国際会議(International Symposium)と同じ日に併催しています。今年のモントリオール世界大会でも6月22日に開催されます。こちらからシンポジウムの詳細はご覧いただけます。

日本国内において,
  • ロボットを使った教育活動を実践されている指導者,教員,研究者
  • ロボカップジュニアやそのほかのロボット製作活動を通して学習活動を行なっている小中高校生
  • ロボットを使った教育活動を社会的に位置付けようとされている企業や団体の方
といったみなさんに,ぜひ,みなさんの日頃の研究や実践について発表をして,よりよい未来の教育のために国際的なレベルで共有,議論を促してもらえればと思ってます。

発表内容は,
  • ロボカップジュニアの参加者に役立つロボット製作やチームビルディング,プロジェクト管理などの専門技術や仕組みの工夫やその具体的な取り組み
  • 学校や課外活動としてロボット作りの活動を組織し継続的に運営できる仕組みの工夫やその具体的な取り組み
  • 具体的な取り組みにもとづくくロボカップジュニアの活動が,学校での学習活動やキャリア形成などへ与える効果や,取り組みにおける課題
など,ロボカップジュニアコミュニティにとって有益な内容であれば,どのようなものでも歓迎です。

詳しくは,次の発表者募集案内(Call for Presentation, CFP)サイトをご覧ください。申し込みは,ジュニアジャパンやRegional Representativeを介してではなく,直接,指定された申込先にお願いします。

WEROB2018 - Call for Presentation/Participation

2018年5月12日土曜日

【5/17締切】2018モントリオール世界大会における国際技術ボランティアの募集

ロボカップ2018モントリオール世界大会において,次のように国際技術ボランティア(International Technical Volunteer)を募集します。

次の要件をよく読んだ上で,応募される方は期限までに次のフィームに必要事項を入力ください。

国際技術ボランティア申し込みフォーム

この件についてご質問がある場合は,次までお問い合わせください。

international [AT] robocupjunior.jp

応募条件
  1. ロボカップ2018モントリオール世界大会開催委員会およびロボカップジュニアジャパンから,旅費等一切の金銭的援助はありません(食事や宿泊に関する支援もありません)。したがって,世界大会においてテクニカルボランティアに従事するためにかかる全ての費用を自己負担できること 
  2. ロボカップジュニアジャパンから推薦してテクニカルボランティアとして従事していただく上で,将来,日本として考えるロボカップやロボカップジュニアのあり方を世界に伝え,また世界的な視野での動向を日本国内に伝える役割を担う日本の代表として国際技術委員会(TC)のメンバー候補になることを目指していただける,もしくは日本国内での活動を積極的に支援する立場でロボカップジュニアジャパンの活動に関わることができる(ブロック長,ノード長や技術委員長,Regional Repや理事を引き受けていただける)等,ロボカップジュニアジャパンの活動への貢献をしていただけること
  3. 以下の国際技術ボランティアに求められる要件を満たすことができること(原文はこちら)。
    • 特に,次のいずれかの役職に対して得意であったり経験豊富であることRoboCupJunior Soccer (Lightweight and Open)
      - Assistant Referees
      - Interview Judges
      - Assistant Robot Inspectors

      RoboCupJunior Rescue (Line, Maze and Simulation)
      - Assistant Judges
      - Interview Judges
      - Technical Assistants (need basic computer and organizational skills)

      RoboCupJunior OnStage (Preliminary and Advanced)
      - Interview and Performance Judges
      - Technical Assistants (need basic computer and organizational skills)
    • ボランティアをしようとするリーグのルールを理解していること
    • これまでにロボカップジュニアの活動にチームメンバー,メンター,審判などのボランティアとして参加した経験があること(過去にリージョン内や世界大会において審判の経験があることが強く望ましい)
    • 英語でのコミュニケーションが取れること(ルールについての専門的な会話ができることが強く望ましい)
    • 2018年6月16日の朝から6月21日(の夕方)まで毎日会場にいられること

申し込み期限

5月17日(木)13:00まで

2018年4月1日日曜日

RoboCup2018モントリオール世界大会へのチーム推薦の手順について(4/25更新)

3月30日〜4月1日に開催されましたロボカップジュニアジャパンオープン2018和歌山の結果を受けて,RoboCup2018モントリオール世界大会への推薦チームを次の手順で決定します。

  1. ジャパンオープン終了時点で,こちらの方法で世界大会推薦候補チームを決定します。すでに,RoboCup2018モントリオール世界大会へは,日本からは次の各リーグに1チームずつ推薦できる枠を確保しています。なお今後,追加推薦枠が配分される可能性がありますが,その際は,こちらの方法で順次繰り上げて出場の可否について個別のチームに問い合わせをさせていただきます。

    【2018モントリオール世界大会日本チーム推薦】
    Soccer Lightweight 1チーム
    Soccer Open 1チーム
    Rescue Line 1チーム
    Rescue Maze 1チーム
    Rescue Simulation (CoSpace) 1チーム
    OnStage Preliminary 1チーム
    OnStage Advanced 1チーム
     
  2. ジャパンオープン終了後に開催する世界大会推薦候補チーム説明会にて,候補となったチームには参加意思を確認します。もし,その場で判断できない場合は,4月9日(月)までに,次のメールアドレスに可否を必ず連絡ください。

    international [AT] robocupjunior.jp ※[AT] = @
     
  3. 参加意思確認が取れたチームは推薦チームとして確定します。推薦チームは4月13日(金)までに,順次,次のフォームから世界大会事前登録情報を登録してください。
    その際,チームメンバーの氏名,学年,所属については,ジャパンオープンの結果や世界大会の結果についてジュニアジャパンの公式Webサイト上への掲示のため,およびメディアからの取材に対する情報提供に際して,開示してよいかどうかについても合わせてお伺いしています。最低限,チーム名は必ず開示されますが,これらについては各メンバーのご判断となります。ジュニアジャパンとしましては,勝ち負けによらずみなさんの活動の成果を発信し,ロボカップジュニアジャパンの活動を広く認知してもらうことは,ジュニアジャパンの社会的価値を高めていくことはもちろん,みなさんにとっても実績を残すことにつながるため,これらの情報について開示されることについて将来を見据えてご検討をお願いします。もちろん,開示できないからといって推薦が取り消されるわけではありませんので,その点はご安心ください。

    ロボカップ2018モントリオール世界大会 事前登録情報入力フォーム
     
  4.  4月15日(日)にはRegional Repより国際委員会に,推薦チームの事前情報を送信します。
  5. その後,世界大会事務局より直接各チームメンター宛に,本登録に必要な登録コード(Registration Code)が送付されます。それを使って本登録を行ってください。本登録の締め切りは5月18日です。
  6. ロボカップ2018モントリオール世界大会参加に際して,一社ロボカップジュニアジャパンから所属機関等への便宜供与書類が必要な方は,次の手順でご依頼ください。

    【手順】
    1. 次の様式をダウンロードし,必要事項を記入の上印刷してください。
      世界大会便宜供与様式2018(参加者用,Word形式)※4/25公開
      世界大会便宜供与様式2018(メンター用,Word形式)※4/25公開
    2. 返送先の住所を書いた返信用封筒をご用意いただき,必ず切手を貼って,下記住所までお送りください。
    3. また,行き違いの防止,および送付いただいた内容についてこちらからチームに確認させていただく必要が出てくる場合がございますので,お手数ですが郵送した旨を,メールで下記事務局までご連絡ください。

   【送付先】
    〒531-0072
    大阪市北区豊崎3-20-1インターGビル内
    一般社団法人 ロボカップジュニア・ジャパン
    事務局 宛
    ※表面に「ジュニアチーム 便宜供与希望」と朱書きで明記してください。
    Tel:06-6136-6391
    Fax:06-6136-6392

   【依頼期限】
    5月18日(金)必着
    ※期限を過ぎる場合はあらかじめお問い合わせください。

   【この件に関するお問い合わせ先】
    ロボカップジュニア・ジャパン事務局
    e-mail: office [AT] robocupjunior.jp


変更履歴:
2018/4/25 便宜供与様式を公開
2018/4/2 メールアドレス修正,便宜供与申請方法追記

2018年3月11日日曜日

JapanOpen2018 -- Rescue League Information for Participants

Dear Rescue teams,

Thank you for your participation to RoboCup Junior Japan Open 2018.
We feel great honored to inform you the followings on the competition of rescue.
Please have in detail and feel free to let us know if you have any questions.
We are looking forward to seeing you at WAKAYAMA in Japan.

1.    Schedule


Day 0

March 30 2018 (Fri)  @ PLAZA HOPE


12:00 - 17:00             Team Registration
14:00 – 18:00            Robot Inspection & Interview

It is NOT allow to access to competition arena.
It is also NOT allow to do any calibration and repair for your robot at the room in PLAZA HOPE.


Day 1        
March 31, 2018(Sat)  @ WAKAYAMA BIG WHALE

08:00 -         Team Registration
09:00 -        Team can access to paddock and practice field
09:20 -        Inspection & Interview
11:00 -        Opening Ceremony
12:00 -        Captain Meeting
13:00 -        Inspection & Interview
14:00 -        1st & 2nd Attempt
17:40 -        Lottery for 3rd Attempt order

Day 2
April 1, 2018(Sun)  @ WAKAYAMA BIG WHALE

08:00 -         Team can access to paddock and practice field
10:00 -         3rd Attempt
13:00 -         Voluntary Team Presentation & New Rule
15:00 -         Closing Ceremony

Note)
Please bring some power strip and adapter for electric power source by yourself because just one outlet a team is given.


2.    Rule for RoboCupJunior JapanOpen 2018

Reference: http://rcj.robocup.org/rescue.html

3.    Guideline for Judges

4.    Local rules for Maze


1)    Please note that the width of Doorway, Ramps are at least 27.5 cm.


Please refer to the rule concerned.

1.1.3 Walls that make up the maze are at least 15 cm high. Their width can reduce the available space for doorways and paths (see 1.1.4, 1.1.5 and 1.3.2)

1.1.4 Doorways are at least 30 cm wide.

1.1.5 Ramps will be at least 30 cm wide and have an incline with a maximum of 25 degrees from the horizontal. Ramps are always straight.

1.3.2 Paths will be approximately 30 cm wide and may open into foyers wider than the path.



2)    Visual victims

Attached data will be used in the competition.

Visual Victims (.pdf)
Visual Victims (.PPTX)

5.    Prioritization Procedure


<Rescue Line>
Teams must play on 3 different fields during the competition.

Prioritization procedure
1)     Higher total score

2)     Shorter time in case same score

3)     More victims rescued in case same time

4)     Less LOP(Lack of Progress) in case same victims rescued



<Rescue Maze>
Teams must play on 3 different fields during the competition.

Prioritization procedure
1)     Higher total score
2)     Shorter time in case same score
3)     More returns to start tile
4)     More victims rescued in case same time
5)     Less LOP(Lack of Progress) in case same victims rescued


6.    Documents


Team must provide the following documents that explain their work.



1)    All teams must complete a web form prior to the competition to allow judges to better prepare for the interviews. (due date : March 23)

Instructions on how to submit the form will be provided after team registration.



2)    Poster formatted PDF file must be attached in a web form above
, and the one printed on paper size A3 must put on the place predetermined in the venue.



3)    Engineering journal and source code may NOT mandatory for the interviews, but they can use them.


7.    Interviews


All teams must have an interview about 15 minutes based on the document from the web form.

   The appointment for it should be required prior to the completion.
Instructions on how to make the appointment will be provided after team registration.