2022年6月5日日曜日

RoboCup 2022 Bangkok世界大会ジュニアリーグテクニカルボランティアの募集について

 7月に開催されます,RoboCup 2022 Bangkok世界大会は,オンサイトとオンラインのハイブリッドでの開催となっていますが,オンサイト,オンラインともにテクニカルボランティアの方の協力が不可欠となっています。

今年度は,関心のあるみなさんはどなたでも次のフォームから応募可能となっております。ぜひ,この機会に世界大会の運営を肌で感じていただき,より広い視点からロボカップジュニアの未来に関わっていただければ幸いです。

世界大会テクニカルボランティア応募フォーム(英後)

以上


2022年4月15日金曜日

RoboCup2022 Bangkok世界大会におけるジュニアリーグの開催方法および日本からの参加チームの選抜・推薦について

 コロナ禍が落ち着かない中ですが,2022年の世界大会はタイ国の首都バンコクで7月11日
〜7月17日まで開催されます。

今回は,現時点では,次のような開催方針となっています。

  • オンサイトが基本
  • ジュニアリーグにおいてオンラインで参加できるのは,次の2つだけです。
    • レスキューシミュレーション(Webots-Erebus)
    • オンステージ
他方で,日本からタイ国への渡航については,次のような状況です。

タイの海外安全情報(4/1時点)で,バンコクの危険レベル1(十分注意),感染症危険レベル2(不要不急の渡航中止)がでており,ロボカップジュニアジャパンからの世界大会参加チームの推薦条件(危険レベルが出ていない)を満していません。

そこで,現時点では,世界大会の参加チームの選抜について次の基本方針であることお伝えしておきます。

  1. オンサイト開催のLeague/ Sub-Leagueについては,4月22日〜24日のジャパンオープン2022けいはんなの結果にもとづき選抜は行いますが,ロボカップジュニアからの公式の推薦は行いません。
    公式の推薦を行わないという意味は,参加に関わって必要となる便宜供与の書類の作成や参加支援(渡航費援助やツアーの提供等)を行わないという意味です。ただし,世界大会側に,正式に選抜されたチームであることの保証は行います。
  2. 選抜されたチームが,所属機関,保護者が許可し,自己責任での参加を希望する場合には,ロボカップジュニアとして大会参加ができるよう最大限の便宜は図ります。
  3. オンライン開催のRescue Simulation(Webots-Erebus),及び,OnStageは,ジャパンオープン2022けいはんなの結果を受けて,ロボカップジュニアジャパンより公式推薦チームとして支援を行います。

2021年5月29日土曜日

RoboCup2021オンライン世界大会への日本からの推薦チームについて(5/31までに確定予定)

3月末のロボカップジュニア日本大会はおつかれさまでした。

日本大会の成績を元に、このたび、以下のように、ロボカップ2021オンライン世界大会へ日本から推薦する候補のチームを選抜いたしました。
今後次のようなスケジュールで大会参加に向けて準備を進めていきます。


(1)世界大会参加を受諾されるチームは5月31日(月)9:00までにジュニアジャパンへの事前登録を完了してください。次のフォームに必要な情報を入力ください。1点注意ですが、世界大会に参加できるのは2021年7月1日時点で14歳〜19歳のメンバーのみとなります。なお,

【個人情報の取り扱いについて】

この中で,チームメンバーの氏名,学年,所属については,ジャパンオープンの結果や世界大会の結果についてジュニアジャパンの公式Webサイト上への掲示のため,およびメディアからの取材に対する情報提供に際して,開示してよいかどうかについても合わせてお伺いしています。最低限,チーム名は必ず開示されますが,これらについては各メンバーのご判断となります。ジュニアジャパンとしましては,勝ち負けによらずみなさんの活動の成果を発信し,ロボカップジュニアジャパンの活動を広く認知してもらうことは,ジュニアジャパンの社会的価値を高めていくことはもちろん,みなさんにとっても実績を残すことにつながるため,これらの情報について開示されることについて将来を見据えてご検討をお願いします。もちろん,開示できないからといって推薦が取り消されるわけではありませんので,その点はご安心ください。


もし辞退されるチームは、急ぎ次のメールアドレスまで辞退する旨をご連絡ください。
international [AT] robocupjunior.jp

(2)この後、ジュニアジャパンから国際委員会へチーム情報を提供し世界大会の登録システムに情報が登録されます。その後、各メンターに登録に必要なパスコードが送られてきます。

(3)6月7日(月)中までに世界大会へのジュニアチーム登録を各チームで完了してください。(2)で送られてきた情報を元にして行います。登録と参加費の支払いは2段階となっています。

1.チーム登録+メンター1人の登録 50USD  =>6月7日締め切り
2.メンバーの登録 20USD/1人 =>6月28日締め切り

手続きの詳細はこちらから確認できます。

登録サイトも確認できますが(2)のパスコードが送られてこないと実際の登録はできません。

以上、世界大会終了まで、ジュニアジャパンもサポートをしていきますので、ご質問がありましたら、次まで遠慮なくお願いします。もちろんフォーラムや、個別のコミュニティでの助け合いも大事ですが、常に情報の真偽についての確認を怠らないように気をつけてください。

ジュニアジャパン国際担当お問い合わせ
international [AT] robocupjunior.jp

◎日本からの推薦チーム一覧(2021/5/28現在)

サッカーLightweight
第1位WSL030三田学園物理部チーム「Re_X」阪神
第2位WSL014東海
サッカーOpen
第1位WSO001Leopard関東
第2位WSO008NT京滋奈
レスキューLine
第1位WRL010RAOH関東
レスキューMaze
第1位WRM002オリオン京滋奈
レスキューSim
第1位WRS006双救阪神
OnStage
第1位WOS003復興の架け橋東海

RoboCup2021 オンライン世界大会 ジュニア国際技術ボランティアの募集について(6/7 9:00まで)

RoboCup2021オンライン世界大会において,次のように国際技術ボランティア(International Technical Volunteer)を募集します。

次の要件をよく読んだ上で,応募される方は期限までに次のフィームに必要事項を入力ください。締め切りまでの期間が短くて申し訳ありません。もし期限を過ぎていても関心のある方はご連絡ください。

国際技術ボランティア申し込みフォーム(2021年度版)

この件についてご質問がある場合は,次までお問い合わせください。

international [AT] robocupjunior.jp

応募条件

1.ロボカップ2021世界大会はオンラインで開催されるため、旅費交通費の負担はありませんが、オンラインで参加するために必要な情報機器や通信費等一切の金銭的援助について、世界大会開催委員会及びジュニアジャパンからはありません。したがって,世界大会においてテクニカルボランティアに従事するためにかかる全ての費用を自己負担できること。

2.ロボカップジュニアジャパンから推薦してテクニカルボランティアとして従事していただく上で,将来,日本として考えるロボカップやロボカップジュニアのあり方を世界に伝え,また世界的な視野での動向を日本国内に伝える役割を担う日本の代表として国際技術委員会(TC)のメンバー候補になることを目指していただける,もしくは日本国内での活動を積極的に支援する立場でロボカップジュニアジャパンの活動に関わることができる(ブロック長,ノード長や技術委員長,Regional Repや理事を引き受けていただける)等,ロボカップジュニアジャパンの活動への貢献をしていただけること。

3.以下の国際技術ボランティアに求められる要件を満たすことができること。
・特に,次のいずれかの役職に対して得意であったり経験豊富であること
Rescue Volunteers
- Line Interviewer (by SuperRegion Asia/Europe/Americas) - 3 volunteers/SuperRegion
- Maze Interviewer (by SuperRegion Asia/Europe/Americas) - 3 volunteers/SuperRegion
- Backstage Help (by SuperRegion Asia/Europe/Americas) - 2 volunteers/SuperRegion
- Running Erebus simulations - 5 volunteers
- Video editors - 3 volunteers
- Live streaming hosts (Line) - 2 volunteers
- Live streaming hosts (Maze/NewSimDemo) - 4 volunteers
- Documentation evaluators - 6 volunteers
More detailed information about the volunteer positions and time/dates required can be found HERE

Soccer Volunteers
- Interview & Video judging - 4+ volunteers/Date+Time
- Match Commentary - 2+ volunteers (work in pairs)
- Technical Support of Soccer Simulation - 5 volunteers
More detailed information about the volunteer positions and time/dates required can be found HERE

OnStage Volunteers
- Performance Judging (three sessions) - 2+ volunteers/SuperRegion
- Technical Judging (three sessions) - 2+ volunteers/SuperRegion
- Offline Judging - 5+ volunteers
- Team Performance Host/MC (three sessions) - 1-2 volunteers/SuperRegion
- Backroom Support (three sessions) - 2+ volunteers/SuperRegion 
More detailed information about the volunteer positions and time/dates required can be found HERE

・ボランティアをしようとするリーグのルールを理解していること
・これまでにロボカップジュニアの活動にチームメンバー,メンター,審判などのボランティアとして参加した経験があること(過去にリージョン内や世界大会において審判の経験があることが強く望ましい)
・英語でのコミュニケーションが取れること(ルールについての専門的な会話ができることが強く望ましい)
・各サブリーグで決められた時間に稼働できること

申し込み期限

6月7日(月)9:00まで

2021年5月8日土曜日

RoboCup2021オンライン世界大会へのエントリー方法についての整理(日本大会時のアナウンスに対する訂正含)

RoboCup2021オンライン世界大会へのエントリー方法について整理をしておきます。

(1)各チームで独自にエントリー

TC/OCによる事前審査を経て本大会に参加

  • Soccer Sim
  • Rescue Sim Demo
それ以外の方法せ参加
  • OnStage Sim Demo

(2)従来通り,各リージョンからの推薦

(1)以外のサブリーグ

2021年4月21日水曜日

RoboCupJunior 2021 新しいレスキューシミュレーション競技参加申し込み開始

 以下のように,レスキューリーグで今年度新しく導入されるシミュレーションリーグのでモンストレーション競技への申し込みが開始されました。

この競技へはフリーエントリーですが,もし他のリーグ/サブリーグに参加する場合は,両方に参加することはできません。現時点で世界大会への選抜については未定ですが,現時点ではどのチームでもエントリーできますが,もし日本大会上位チームで公式に推薦対象となった時には,どちらに参加するのかをチームは選ばなければなりません。この点だけ注意してください。詳しい参加方法についてはこちらから確認できます。

期限:

  • 申し込み:5月16日中まで(世界標準時23:59:59まで)
  • 書類と映像の登録期限:5月21日中まで(世界標準時23:59:59まで)
重要な情報:

詳しくは次のリンクから各チームで情報を確認してください。

[CfP] New Simulation (Demonstration) Competition - RoboCupJunior 2021 International Event

2020年7月23日木曜日

RoboCupJunior 2020 Rescue Virtual Simulation Competitionの案内

 今年度RoboCup2020ボルドー世界大会が延期となってしまいましたが,それに代わるオンラインでの国際的なイベントがいろいろと行われています。
 RoboCupJunior Rescueリーグでは,新しいシミュレータの開発にともない,オンラインでのシミュレーション競技やワークショップが開催されています。以下から詳細を確認できます。

RoboCupJunior 2020 Rescue Virtual Simulation Competition

 Rescueリーグにまだ参加したことのないみなさんも,シミュレーションから参加してみてはいかがでしょうか。
 また,すでに実機に取り組んできたみなさんも,よりよいものづくりのために研究者やプロのエンジニアもシミュレータを活用することが当たり前になってきていますし,人命救助のように失敗が許されないミッションでは様々なケースでシミュレーションを重ねて順位,開発をします。このようなシミュレーション技術についても勉強,研究をしてみてはいかがでしょうか。

 このようなホットな国際的な活動は,次のRoboCupJunior Forumで知ることができます。各自キャッチアップしてみてください。

RoboCupJunior Forum(Official)